‘三原市’ カテゴリーのアーカイブ

【広島県 三原市老連】白竜湖スポーツ村公園でGG大会開催!

2017 年 7 月 31 日 月曜日 投稿者:Mr.T

どうもこんにちは! Mr.Tです!

今回は、白竜湖スポーツ村公園で開催された「第13回三原市市老連グラウンド・ゴルフ大会」の様子をご紹介したいと思います。

DSC01641

青空のもと多くの会員が参加

天候不良で6月14日(水)に延期となった当大会。当日は梅雨の中休みで、空を見渡す限り“青”“青”“青”といった快晴の中の開催となりました。

グラウンドコンディションも最高の状態なためか、皆さんボールの伸びも絶好調!

DSC01712

ロングコースでクラブをフルスイング!

DSC01876

狙った所に入るかな〜?

DSC01882

狙うはホールインワン!

大会の頂点に輝いたのは糸崎の福寄ももせ会でした。これまで、同大会には6回出場されていましたが、最高位は10位だったとのこと。初優勝おめでとうございます!

DSC02103

白竜湖スポーツ村公園は会員の歓声で大盛り上がり!

来年も最高の大会を楽しみにしています!

【広島県三原市老連】はじめての広報紙づくり

2015 年 6 月 15 日 月曜日 投稿者:wakkie

こんにちワッキーです(^O^)/

先日、三原市老連の情報宣伝部会におじゃまして、『三原市老連会報8月号』の打ち合わせに参加させていただきました。

今年度、よろしくお願いします

今年度、よろしくお願いします

みなさんが初めて顔合わせなので、まずは自己紹介。その後、さっそく次号の紙面内容を決めることに。
ところが、誰もが初めてのことなので、とりあえずどうするにも、どのように決めたらいいのか、なかなか分かりません。

・・・みなさんの老人クラブで、こんな場面、ありませんか?

そんな紙面づくりの悩みを解決するのがニチコミの役割です。
部会では、昨年の同月号を参考にしながら適度にアレンジを加えていく方法をご提案しました。未経験の方には難しいことかもしれませんが、考え方次第で会報紙は生まれ変わります。

『なんとか埋めなければならない紙面』

を想像するより、

『会員が読んでためになり、おもしろいと思う紙面』

を想像すると、文章の書き方や写真の質といった技術面はともかく、そこにはアイデアが生まれます。この日の最後は、最近自分たちのクラブで行った活動の中で、おもしろかったものをピックアップして掲載する、ということに決まり、原稿を用意することになりました。私のスローガンは「写真1枚は1万文字分の情報量」。百聞は一見に如かず。写真をできる限りご用意していただくようにお願いしました(^O^)

読み手の立場に立って考えていくと会報づくりは楽しくなり、だんだん面白くなります。

「夏だから熱中症の注意喚起は?」
「特殊詐欺被害の防止策の啓発記事を1ページ全体でやろう」
「脳トレコーナーを作ってみたら?」
「最近50周年を迎える老人クラブが多いから、老人クラブの歴史を特集にしよう」

もっと老人クラブがチャーミングになるためにはどうすればよいか、ニチコミは会報紙・広報紙を通じて、そのことを毎日考えています。

会報紙・広報紙についてのご意見がございましたら、トップページのお問い合わせからお寄せください。(リンクはコチラ

ワッキーでした(^O^)/

【広島県 三原市老連】はじめてのスパーク

2013 年 7 月 2 日 火曜日 投稿者:wat

皆さんこんにちは。

ターちゃんです(^0^)b

 

5月30日(木)三原運動公園にて開催された、三原市老連のゲートボール大会へ取材にうかがいました。

三原運動公園は、蝶々がたくさん飛んでいる緑に囲まれたグラウンドで、当日は雲で陽射しがさえぎられ、絶好のゲートボール日和でした。

 

私は、ゲートボールの取材は初めてだったのですが、実際に競技をする様子を見てみると、何やら変わった打ち方をする方がチラホラ・・・

「スパーク」

玉を踏んで打っています

どうやらゲートボールでは、自分のボールが相手のボールに当たることを「タッチ」といい、この「タッチ」をすると、「スパーク」という特殊な打ち方で打つことができるというルールがあるそうです。

とてもかっこいい打ち方なので、見つけるとついつい写真を撮ってしまいます(^0^)

SONY DSC

こちらの方も「スパーク」

お昼ごはんを挟んで午後からの試合が開催されました。

SONY DSC

萩原ツルコさん

こちらの会員さんは、最高齢参加者で、なんと99歳!

月・水・金、とゲートボールの練習に参加しており皆勤賞だそうです(゜0゜ )

萩原さんがボールを打つ時は、まわりから皆の声援が飛び、とても人気者でした。

皆さんチーム内の方のプレイには目が離せないようで、自分のことのように絶えず応援・声援を送っていました。

賑やかに、またにこやかに時は過ぎ、会員同士より一層交流を深めることのできた一日となりました。