‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

【ニチコミコラム】働き盛り世代が増える?

2019 年 9 月 9 日 月曜日 投稿者:ニチコミ

みなさまこんにちは。静岡支店わさです。

 少し前の話になりますが、コンビニで面白いポスターを見かけました。

「ふじのくに(静岡県)では喜寿まで働き盛り」と銘打ったそのポスターには、健康長寿日本一を目指す静岡県が提示する、新たな「人生区分(○○歳から○○歳が少年期、といった区分)」が載っていました。

 それによると、大きな括りでは18歳から45歳までが「青年」、46歳から76歳までが「壮年」、77歳以上が「老年」と区分されていたのですが、とりわけ目を引いたのが、「壮年」の説明の文章です。「壮年」とは、”経験を積み、様々なことに熟達し、社会で元気に活躍する世代(働き盛り)”とのことでした。

一般的に何歳からが「高齢者」とされるのか、厳密な定義はないものの、何となく70歳くらいからをイメージされる方が多いのではないかと思います。

私もそのようなイメージを持っていたため、76歳までもが働き盛りの世代に含まれるのかと、少し驚いたのが正直なところなのですが、よく考えたら73歳の私の母も週4でバイトをして生き生きとしていますし、何よりも、「誰もが、いつまでも活躍できる社会」の実現を目指す会社に属する者として、驚いていてはダメですね! 

一般的な概念では既に壮年に該当するアラフォーの私。身体の様々な部分に衰えを感じ始めた今日この頃ですが、この人生区分によるとまだまだ青年です。人生の諸先輩方に負けないよう、気持ちを若く持って頑張ります!

【ニチコミコラム】一期一会

2019 年 9 月 2 日 月曜日 投稿者:ニチコミ

みなさんこんにちは、かっきーです。
全社リレー形式のニチコミコラム、今週から静岡支店がお届けします。

今回は、最近自分が思っていることを少しだけお話したいと思います。

皆さんは「一期一会」という言葉を知っていますでしょうか。
茶道で知られる千利休の弟子、山上宗二が記した本にこの「一期一会」という言葉があります。

一期は「人が生まれてから死ぬまで」という意味で、一期一会は「生涯に一度限り」
ということになります。

「これから何度も茶会を開く機会があっても、同じ茶会を二度と開くことはできない。
常に一度きりのものと心得て、相手に対して精一杯の誠意を尽くさなければならない。」

このように、茶道の心得を表したものとしてよく使われるようになりました。

私は広報紙の編集会議や行事の取材などで、多くの会員さんにお会いします。
新しい出会いが多くある一方、残念ながらお亡くなりになってしまいお別れとなる方もいらっしゃいます。

振り返ってみて「あの時お話ししたのが最後だったな」と残念な気持ちになります。
最後の出会いということが分かっていれば、もっと色々なお話をしたのに、と思うこともあります。
広報紙発行という繋がりでの限られた接点、限られた時間の中で、どれだけ良い関係を築くことが
できるのか、もっともっと考えるべきだとも思います。

少し話が変わりますが、私の父親は介護施設でお世話になり、母親は実家で兄と同居をしています。
両親二人とも高齢となり、自分も実家を離れて暮らしている状況で、今後どれだけ会って話をする
時間が残されているのか考えもします。ある程度の時間があるのかもしれませんが、ひょっとしたら
もう最後なのかもしれません。

この状況を後ろ向きに暗く捉えるのではなく前向きに考え、
今の(これからの)出会い、今日一日を大切にしていきたいと思います。

【ニチコミコラム】 生きがい

2019 年 6 月 24 日 月曜日 投稿者:ニチコミ

こんにちは。tomoです。

この間実家に帰った時、何かの話から家族で生きがいについての話になった時

に一人ずつ答えなければいけない様(ゲーム感覚)になった。

子供は即答でゲーム、嫁は息子の成長、妹はタイガース、私は・・・

そして、父は仕事をして、それで孫と遊ぶ事。母は、仕事で色んな人と話をする事と答えた。両親共に、仕事と答えた。仕事を通して人と繋がり、仕事を通して何かをしてあげる。仕事とは一概には言えないが、高齢者にとって、必要だなと両親を通して改めて感じた。しかし、まだまだ社会はある程度の年齢になると、働く事が出来ないのが現状で、働きたいけど働けない、体もやる気もあるが働けない、悲しすぎる。私達の会社は定年制が無い! 自分が納得するまでとことんやり切れる。そんな会社が当たり前になる様に、もっと世間に影響を与えられる様にする事が私達ニチコミの使命でもある。

ちなみに私の生きがいは・・・恥ずかしいのでやめときます。

【ニチコミコラム】諦めない虎の扇の要から学ぶ感謝の心

2019 年 6 月 10 日 月曜日 投稿者:ニチコミ

初めまして、すーと申します。

 ニチコミに入社して早3か月、先輩方からいろいろなことを教えていただき、勉強の毎日です。今回はそんな私が一人の社会人として憧れている人物を紹介したいと思います。

 阪神タイガースに所属する野球選手、原口文仁選手をご存じでしょうか?ケガによる育成落ちや大腸がんなど、さまざまな苦難に襲われながらも何度も甲子園球場に舞い戻ってファンに感動と勇気を与えてくれる、阪神タイガースが誇る「虎の扇の要」の一人です。彼のすごいところはどのような苦難、試練に見舞われても自身の復活を信じ、また支えてくれる仲間や家族の存在に常に感謝しているところです。大腸がんが発覚した際、彼は自身のツイッターで大切な家族や応援してくださるファンの方々、共に闘う仲間がいるとつづりました。また、復帰後発表された手記の中でも前向きになれたのはたくさんの人に支えてもらったおかげだと語っています。

 つらい時や苦しい時、人は「自分だけがしんどい」と思い、支えてくれている周りの人の存在を忘れてしまいがちです。私も原口選手の様に、どんな時でも周りへの感謝を忘れない社会人になりたいと思います。そして私の「老人クラブの魅力を世界に広める」という野望(?)に向けて必死のパッチで頑張ります!!

【ニチコミコラム】マルチに活躍する高齢者は関節技の鬼!

2019 年 5 月 20 日 月曜日 投稿者:ニチコミ

 かつて「昭和のテロリスト」として知られ、波乱の昭和プロレスを生き抜いたプロレスラー「藤原義明」を皆さんご存知だろうか?

 今年で70歳という老人クラブの入会資格さえある年齢の彼ではあるが、今なお現役プロレスラーとしてリングに上がりながら、テレビCMなどにも多数出演している。

 プロレスラーとしては、強面の顔を買われて新日本プロレス時代に「怖い先輩役」をさせられる事が多く、若手をボコボコにしごいたりもした彼ではあるが、絶対にあとでフォローをするので、仲違いの多いプロレス界の中であっても誰も藤原を悪く言う人はいなかったという。

 若手時代からヨーロピアンレスリングことキャッチアズキャンの技術は高く評価され、昭和の時代にはまだまだあった「道場破り」などにも彼が対処していた。そしてその技術と先述の人徳もあってか、トレーニングの合間に若手レスラー相手に「藤原教室」という実践レスリングの技術を教えていた。この道場には「世界の獣神 獣神サンダーライガー」や初期UFCの人気総合格闘家「ケン・ウェイン・シャムロック」なども習っていた。

 彼はプロレス界の枠組みに捕らわれず、テレビ番組やⅤシネなどにも出演。また、出演者側としてだけではなく自身も監督業なども行いマルチメディアな活動を多くしている。

 元気で多彩な活動をされている彼のような高齢者がこれからもドンドン増えていくことを期待し応援していきたい。

【ニチコミコラム】人がコミュニティに属するということ

2019 年 5 月 7 日 火曜日 投稿者:ニチコミ

こんにちは

そして「はじめまして」

ぶにゅきちです。

 

人は日々、家庭、学校、会社等、何かしらコミュニティに所属し生活しています。

これは何だか普通の話に感じるかもしれませんね。でもこの「普通」がとても重要だなと感じることが、かつて私にあったのです。

実は私はニチコミに入る前、20年勤めた会社を退職し、1年半ほどフリーランスで活動していた期間がありました。その時の話です。

会社員ではないので出勤は不要。クライアント(発注者)とは電子メールか郵便物でやりとりし、自宅で全ての仕事が可能です。家に籠ってひたすら仕事をこなす毎日で、家の外へ出るのは近所のスーパーへの買い物だけ。そんな日々が、半月以上続いた時期がありました。

そうやって忙しく働いていた合間に、コンビニへ公共料金を納めに行った時のことです。会計時に、レジ係の人に「「確認」ボタンを押してください」と話しかけられました。

なんとその瞬間! 私は頭が混乱し、その場でどう反応してよいのか判らなくなってしまいました。軽いパニック症状です。

人と話をしたのは、実に2週間以上前。言葉の意味は理解できても、どう返事をすれば、行動すればいいか出てこない! 人間は、まったく会話がない状況で過ごしていると、簡単なコミュニケーションにも対応できなくなってしまうのです……。

それから私は、なるべく仕事の打ち合わせには取引先へ出向くようにし、趣味サークル等にも入って、人と交わるよう心がけるようになりました。以降、このような症状は出ていません。

 

日本には、定年制のある企業がほとんどです。私の場合とは少し違うかもしれませんが、定年退職した人も、企業というコミュニティから切り離され、社会の中で突然「無所属」となってしまう点では同じ危険性があるのではないでしょうか?

特に「会社」で多くの時間を過ごしてきた仕事人間には、会社以外のコミュニティを知らないケースが多いように思います。近く定年退職された、またはされるという人がいらっしゃいましたら、ぜひ老後プランの設計・行動の重要な部分に「今後自分が参加するコミュニティ選び」を付け加えていただけたらと思う次第です。

これだけで、グッと毎日の生活が面白くなりますよ!

【ニチコミ コラム】今の高齢者について

2019 年 4 月 8 日 月曜日 投稿者:ニチコミ

こんにちは、ビュー坊です。お久しぶりの投稿になります。

 

普段、地域に根付いてお仕事をされている沢山の社長さんとお話をさせていただきます。そんな中で、多く聞かれるのは「高齢者は高齢者ではなくなっている」ということです。

 

都内のある地域にて、地域に根づいて薬局を営んでいらっしゃる社長さんとお話させていただいた時の話です。

地域のおじいちゃんおばあちゃんと、沢山お知り合いだそうですが、その知り合いの内の多くが「まわりからの老人扱いが嫌」と言われるそうです。

 

補助されなくても歩ける。

地域のレクリエーションなども、老人っぽくて行きたくない。

 

そんなことを言われる方もいるそうです。

 

社長さんがおっしゃるには、「昔の90歳と今の90歳は違う。老人クラブもどんどん活躍の場を広げてほしい。」とのことです。

 

ああ、そういう時代になっているんだなあ、と改めて感じました。

確かに仕事でお会いする社長さん方は70歳や80歳でも現役で働いてる方が非常に沢山いらっしゃいます。バッチリ元気で、現場仕事をされている社長さんなどもいらっしゃいました。

 

身体が弱くなって、家にずっといて、といった高齢者のイメージは、今の日本では当てはまらない場合が多くなってきているのかもしれません。

 

これを読んでいただいているあなたも今後、ご高齢の方と接する時にまるで若者に対しているように接してみたらいかがでしょうか。

それで丁度よいあん梅に話がかみあうかもしれません。

 

【ニチコミコラム】シニア世代の働き方

2019 年 3 月 11 日 月曜日 投稿者:ニチコミ

こんにちは、オールドパワーです。

一億総活躍社会という言葉が知られるようになりましたが、厚生労働省はシニア世代の介護就職をサポートしています。
とくに、高齢者福祉ボランティアを行っているシニア世代にい対して、介護現場で働く人材になるようサポートする協議会を設立しようとしています。

慢性的な人手不足解決の切り札として、シニア世代の労働力を活用する会社のニーズがあります。
60代半ばを過ぎてもまだまだ元気に仕事ができる人はたくさんいます。このような人たちにもっと活躍してもらいたいと考えるのは自然な発想だと言えます。

ただし、新卒入社の社員とシニア世代とでは40歳程度の年齢差があるので、考え方や価値観は違います。この違いがあつれきを生むこともあります。
さらに、一番難しいのは、シニア世代のモチベーション維持です。シニア世代の活用事例は基本的に「モチベーション」の高いシニアの話ばかりですが、しかし現実的にはそのようなシニアばかりではありません。
それまで役職につき、責任ある仕事を任せられていた人が、定年によって強制的にその仕事を取り上げられ、再雇用後に今までより低い待遇で単純作業のような仕事を任せられるようになったとしたら、モチベーションが維持できるでしょうか?

シニアの人格や、それまでの職業人生で積み上げてきたものを無視することは大きな誤りです。その他、いろいろな問題があります。

今後、日本企業の人手不足はますます深刻化していくと思われます。単純に「人生100年時代」のシニアの雇用を増せばうまくいくわけではありません。
世代という多様性のある組織で働くことは、楽しいこと。シニア世代にはぜひ自分と違う考え方をする人と一緒に働くことを楽しみながら働くことをおすすめしたいです。

【ニチコミコラム】小さな活躍と老人クラブ

2019 年 1 月 28 日 月曜日 投稿者:ニチコミ

こんにちは。ワッキーです(^^)/

久しぶりにブログを書きます。
このブログは、ニチコミ社員が経営理念とその基本概念について語るブログです。
今日は私自身の体験談のご紹介をします。

―――――――――――――――――――――

5年前の話です。
私の祖父と祖母は当時、夫婦二人暮らしをしていました。世相のとおり、この様子は老々介護だと想像してしまいがちですが、そんな雰囲気はなく、いたって元気に生活していました。祖父がやや祖母の世話をする、ということはありましたが、ヘルパーさんが週に1~2回来てくれること以外は自立して生活していました。

二人は地元の老人クラブに入っていました。特に活動という活動は掃除以外にはしておらず、よく会長さんはいい人だとか、お隣さんも老人クラブに入っているだとか言っているので、私は少ない情報をつなぎ合わせて二人が会員であることを知っていました。

ちなみに祖父は元々鹿児島で漁師をやっていた人で、その後は小さな工務店を営んで生計を立て、日頃は武士は食わねど高楊枝と見栄を切るタイプ。たまに私が行くとコーヒーを片手に煙草をふかしながら、今の私の近況を根掘り葉掘り聞き、あえて家に杖を置いて買い物に出かけ、家にいるよう私を制止してスーパーで寿司を買ってきます。

また祖母は、祖父が飲むコーヒーの湯を沸かすことと、トイレに立つ以外には一日のほとんどを座椅子で過ごし、座ったままどこで聞いたのか、近所の奥さんの息子の就職先や、スーパーの寿司は夜の8時以降に半額になるのに、という話をのべつ幕なし話し続ける人でした。

ある日、平和な老後の夫婦生活は、いきなり終わりを告げました。祖母はいつものようにトイレに立つと、トイレのドアの目の前で転び、そのまま帰らぬ人となりました。享年79。死因は心不全で、それまで寝たきりで誰かの世話になったりはしませんでした。大げさになることを恐れずに言うと、それまで普通に話していた祖母は、私の中ではピンピンコロリでした。

郷里の地に生きず年を重ねている夫婦にはさして縁者は多くなく、通夜には私の母など故人の娘たち、あとは来ることのできた孫たちが駆け付け、納棺された祖母を囲みました。

御多分に洩れず葬儀は大変です。夜中でもお寺に電話をかけ、葬儀社が来て段取りをつけるまで誰かが対応し、さらにその対応というものがままなりません。特に祖母の場合は、病院や施設に入ったりするなど、遺族に言わせれば「準備」がありませんでしたので、娘たちは泣くばかりでまともに話もできず、残った孫だけが数人動いて、何かと段取りをしました。

日頃集まらない親族は血がつながっている他人で、コミュニケーションが悪く、このような状況でも価値観の違いで諍いを起こします。夜中にも関わらず言い合いをし、娘たちは嗚咽し、そんな喧騒のなか、安らかな顔をした祖母は近所の斎場で通夜を迎えました。

 

(さらに…)

【ニチコミコラム】60歳(還暦)を迎えて

2018 年 11 月 19 日 月曜日 投稿者:ニチコミ

こんにちは。熱血中年です。

今年で還暦を迎えることになりました。

ただ1つ歳をとったということだけなのに、最近は健康や病気の関連事に注意が向くようになってきたような

気がします。

テレビ番組でもテーマが健康についてなどというと、ついつい見てしまいます。

自分が20代のころは60歳などというと本当におじいさんというイメージでしたが、

いざ自分がなってみると、まだまだ元気でやれるような気がします。

定年も延長されていく時代、体力的にも精神的にも若くいれるようにしたいものです。

これからも若い年代の人達と付き合ったり、明るい色の物を身につけたりして

若さを保っていきたいと思います。(邪魔者扱いしないでね)