‘札幌市’ カテゴリーのアーカイブ

【札老連】華やかに盛大に開催

2017 年 9 月 4 日 月曜日 投稿者:seabass

こんにちは、シーバス <・+++><です。

早いものでもう9月ですね。
皆さん、季節の変わり目なので体調に気をつけてくださいね><

さて、今回は札幌市老人クラブ連合会の札幌市老人クラブ大会・演芸まつりの取材の様子をご紹介します♪

午前の部の札老連大会では「老人福祉功労者」や「会員増強運動特別賞」の表彰が行われました。
老人クラブ活動にご尽力されている皆さん、おめでとうございます!

また札老連大会では、会員だけではなく会の運営などをお手伝いしている方々も「老人を大切にする家族」として表彰しています。
老人クラブはいろいろな人たちに支えられて運営が成り立っているのですね(^^)

厳かに開催

活動の功績を称えて表彰

午後はお待ちかねの演芸まつりです(^∀^*)

華やかにかつ盛大に演目スタート!

広げよう会員の輪! 伝えよう老人クラブの楽しさ! がテーマとあって、カメラごしからも楽しさがヒシヒシと伝わってきます(≧▽≦)

皆さんいきいきと元気に踊りや歌を披露していて、私も元気をいっぱいもらいました(・▽・)b

日頃の成果を発揮

会場は大盛り上がり

ばっちり決めポーズ

会場の笑いを誘う

札幌市の各地から集まった大会とあって会場は終始熱気に包まれていました。

来年の開催もお楽しみに♪

【札幌市/厚別区老連】会報誌できました

2013 年 4 月 19 日 金曜日 投稿者:いきいきギャラリー【北海道・東北】


2013年3月1日よりニチコミが制作のお手伝いをすることになりました、
厚別区老人クラブ連合会会報誌「百年塔」第12号が出来上がりました。

表紙には、1968年の開拓百年を記念して建てられた「北海道百年記念塔」の
凛とした佇まいの写真が大きく使われ、青々とした緑が眩しいです。
ですが、制作期間中は…

(さらに…)

【札幌市/札老連】「老連さっぽろ」からピックアップ

2012 年 6 月 5 日 火曜日 投稿者:いきいきギャラリー【北海道・東北】

こんにちは、ナデシコです。
ハマっ子のナデシコは、“赤い靴の像”や“氷川丸”などでお馴染みの、
横浜の山下公園 が好きなんですが…

なんとご紹介する札幌市老人クラブ連合会(札老連ーさつろうれんー)の
機関誌「老連さっぽろ」の中に、
横浜と札幌の接点を感じる記事を見つけました!

 

 

「老連さっぽろ 44号」の中に、
“さっぽろ再発見”という、札幌の歴史にまつわる出来事がわかる
寄稿ページがあるんですが、

そのひとつに興味深い記事が…

タイトルは、『なぜ札幌にだけ無い「赤い靴」像』 。
記事でも触れていますが、「赤い靴」の像は、
各地にあるようです(静岡/日本平、東京/麻布十番、横浜/山下公園、
北海道/留寿都村・小樽市・函館市、青森/鰺ヶ沢町)。

ええ、こんなにあるんだ! と、正直驚きました。
像のモデルになっているのは、野口雨情作詞の童謡『赤い靴』の女の子(母子像もある)。
像がある土地は、それぞれ“ゆかり”があるらしいのですが、
その中に札幌もあるはずなのに、何故ないのか…?
というお話です。

実際に女の子がその土地に実在したか否かは諸説あるので、あえてここでは触れませんが、
像を見るかぎり、純粋に雨情の詞に触発され、感じ入り、制作された作品が多いように思います。

見る者、聞く者に、様々な感情を呼び起こすのが、
歌であり、芸術であるんだなと、改めて感じます。

そういえば、家の近くや町中にも、いろいろな像を見かけますよね。
お散歩やウォーキングの際に、たまには、ふと立ち止まって、
じっと見入ることで、新しい発見があるかも知れませんよ♪

【札幌市/札老連】できました! 機関紙『老連さっぽろ』

2011 年 11 月 25 日 金曜日 投稿者:いきいきギャラリー【北海道・東北】

皆さま、お元気ですか?
編集6号、ナデシコです。

東京は、朝夕の寒さが少しずつ厳しくなってまいりました。
いえいえ、この程度の寒さはまだ序の口でしたね、
札老連の皆さま。

 

「こちらは、雪で、少し積もりました…」

紅葉と雪景色

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週末、無事に皆さまのお手元に届いた機関紙『老連さっぽろ』。
事務局の方にご様子を伺うと、そんな言葉が返ってきました。

例年より遅い雪とはいえ、札幌は、すでに冬本番。
ウィンタースポーツに縁のないわたしは、
寒い!と家に閉じこもりがちなんですが、
今年の冬は老連の皆さまを見習って、何かスポーツに励もうかしら♪

スポーツといえば、札老連で盛んなスポーツのひとつに、
“パークゴルフ”があります。

大会は9月でしたが、すでに紅葉が!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関東では、あまりなじみがないのですが、
広大な緑地(芝のコース)で、景観も一緒に楽しめる“パークゴルフ”は、
いわゆる、“ゴルフ”に近い感じがします。
ゴルフを、公園(パーク)で楽しむから、“パークゴルフ”。
道内では、子どもから高齢者まで楽しんでいるスポーツです。

慎重にホールを狙います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このたび、札幌市老人クラブ連合会の機関紙を、
北海道内で、初めて制作することになりました。
事務局の方のお力添えがあり、なんとか完成できた機関紙なので、
出来上がって、喜びもひとしおです♪♪♪

パークゴルフ大会の結果が!

 

 

 

 

 

 

 

 

今後とも、なにとぞよろしくお願いいたします。

【北海道/札幌市】札老連 年に一度の晴れ舞台

2011 年 9 月 13 日 火曜日 投稿者:いきいきギャラリー【北海道・東北】

今年10月より「札幌市老人クラブ連合会」の会報紙をニチコミで担当させていただくことになりました。
北海道地区で初めての地域です!

大通公園の電波塔

一昨年一人で奔走した「ねんりんピック北海道・札幌2009」の取材以来となる北海道・・・。

この度、ご縁があって会報紙発行のお手伝いができるはこびとなり喜びも一入(ひとしお)。会員のみなさまに喜ばれる会報紙となるようがんばります!

札老連は、会員約3万人を擁する道内最大の老人クラブです。今回その中でも最も大きなイベントである「第28回札幌市老人クラブ大会・第49回演芸まつり」にお邪魔させていただきました。

さて、札老連では毎年8月に最大行事である「老人クラブ大会」と「演芸まつり」が同時開催されます。今年は8月26日に開催(札幌市教育文化会館大ホール)されました。

まず、「老人クラブ大会」では老人福祉功労者として
①老人クラブに対する功労者53名
②老人を大切にする家族5名(家族が対象となるのは全国でも珍しい?)
それぞれ堤繁雄札老連会長より表彰を受けました。

続いて、皆さんお待ちかねの「演芸まつり」へ。

今年は総勢49クラブ・363人の出演があり、「生活を豊かにする楽しい活動」の一環として日頃から取り組んでいるクラブ活動の成果を思う存分発揮。
歌、踊り、フラダンスなど休む間もなく、年に一度の晴れの舞台で大活躍。
気がつくとプログラム最後の演目。長い一日でしたが時間を忘れるほど目が離せない皆さんの熱演でした。

初めての札老連取材でしたが、札幌がこんなに熱い(暑)とは!
今後も札老連の活動から目が離せません。
札老連の皆様、これからも宜しくお願いいたします。

 

 

あと、札幌名物スープカレーは最高でした!