‘佐賀市’ カテゴリーのアーカイブ

【佐賀市老連】白黒はっきりつけましょう!

2014 年 2 月 14 日 金曜日 投稿者:mori

みなさんこんにちは!moriです(*´ー`)

日本全国、寒い日が続いていますね。

福岡は雪はほとんど降っていませんが、

東京支社のナデシコさんが書かれていたように

関東の方は雪とそれによる交通機関の乱れが激しいようです。

寒さ・雪にはみなさん、十分お気をつけ下さいねヽ(>д<*)

 

今回は佐賀市老連の囲碁・将棋大会をご紹介します。

佐賀市老連では毎年6月と2月に囲碁・将棋大会が行われています。

 

毎回約60名が参加しています。

毎回約60名が参加しています。

囲碁は8パート、将棋は2パートに分かれて対局!

3 5

囲碁、将棋ともに「待った」はなし、

そのため一手一手が慎重になります。

さて、私たちが普段使っている慣用句の中には

囲碁、将棋から由来しているものがたくさんあります。

(囲碁)

・一目置く

囲碁の対局では、棋力が弱い人と強い人が対戦する場合、

弱い人が先に石を置きます。

そこから「相手を自分より優れていると見なして敬意を表すること」を

表す言葉として使われます。

・活路

碁で大事なのは、石が「活きている」か「死んでいる」か

見極めることです。

石が活きる方法を活路といい、そこから転じて命の助かるみち

窮地から逃れる方法を表します。「活路を見出す」「死活問題」など。

・玄人、素人

平安期までは上位者が黒石を持っていて「黒人(くろひと)」、

逆に白石を持っている方が「白人(しろひと)」と呼ばれており

それらがなまって素人、玄人と言う言葉になりました。

※語源については諸説あるようです。

・布石

序盤の石の配置のことを言います。そこから「将来のために

あらかじめ用意しておくこと」を表わします。

 

(将棋)

・成金

敵陣の三段目以内に入り、金将と成った駒のこと。

弱い駒が急に強くなることから、急に金持ちになることを表します。

・高飛車

浮き飛車のことで将棋の戦法のひとつ。飛車を定位置から二段または

三段前に進めて攻勢をとる形。そこから相手を頭ごなしに威圧したり、

高圧的であることを表します。

 

慣用句はもっとたくさんありますが、囲碁由来のものが多いようです。

大会当日はとても寒い日でしたが、

会場は皆さんの熱気で満ちあふれていました!

以上、寒さに弱いmoriがご紹介しました(;^_^A

 

【佐賀市老連】創造と連帯の輪を広げて

2011 年 10 月 29 日 土曜日 投稿者:take

みなさんこんにちは。

今回は、10月18日(火)、佐賀市文化会館にて開催された、

佐賀市老人クラブ大会をご紹介します。

メインテーマを「創造と連帯の輪を広げて心豊かな21世紀を」と題し、

式典では老人クラブに多年にわたり貢献された方へ表彰式が行われ、

引き続き町・校区老連による数々の演芸が披露されました。

表彰状と記念品の贈呈

演芸大会の取材には何度も足を運んだことがありますが、会員による見事な演技だけでなく、工夫をこらした華やかな衣装にも思わず注目してしまいます!

佐賀市老人クラブ大会でも、色鮮やかな衣装に身を包み、

キラキラとした笑顔で舞台にたつ姿がとても印象的でした★

この日のために、参加されたみんなさんで猛特訓したことで、

メンバー同士の連帯感もさらにに強くなったのではないでしょうか。

この連帯の輪を、老人クラブの日頃の活動に役立ててください。

来年も見事な演技を期待しています!

【佐賀市老連】囲碁から生まれてきた言葉

2011 年 1 月 21 日 金曜日 投稿者:kad

みなさんあけましておめでとうございます。

寒さに弱い本社のワッキーです(>_<)

あまりにも寒いので、どこか暖かいところはないかなぁ~、と探していたら、佐賀市老人クラブ連合会のみなさんが暖かい、いや、熱い戦いを繰り広げていたので、紹介しちゃいます。

その戦いとは囲碁大会!

会場では、お互いの思考がぶつかり合っています。

頭の体操にもってこいの囲碁。近ごろでは若い人にも人気が高まっています。

ところで囲碁は、その歴史にもたいへん深いものがあります。囲碁の起源や、日本に伝わった頃の詳しい時代はわかりませんが、中国で生まれて2000年以上の歴史があるともいわれ、日本では平安時代の書物に囲碁のようなものが登場しています。

たぶんこんな様子でした

歴史が長いということもあってか、日頃わたしたちが使う言葉の中にも、囲碁の用語がよく使われています。

例えば「一目を置く」という言葉。

この言葉の中の「一目」は、囲碁の一目を意味しています。囲碁では棋力に差がある場合、弱い方が先に一目を置くことから、「一目を置く」には、相手を敬う、という意味があります。

その他にも、「駄目」という言葉。

この言葉も、囲碁でいうところの「打つ価値のない場所」からきているものだといわれています。囲碁を知っている人も、知らない人も、日常の会話の中で同じように使っていますね(^_^)

このように、歴史とともにその言葉までもがわたしたちの生活に浸透している囲碁ですが、そんな囲碁をたしなむみなさんの様子は…

…真剣勝負です!

碁盤目の上に白と黒で表現される対局者の知性。

佐賀市老連のみなさん、これからも寒さに負けない熱い戦いを見せてくださいね。

ワッキーでした(^_^)/

【佐賀市老連】 単ク新任会長誕生(市老連新任単位老人クラブ会長研修会)

2010 年 7 月 14 日 水曜日 投稿者:dai2

6月14日(月)ほほえみ館にて佐賀市老連新任単位老人クラブ会長研修会が行われ、今年度単位クラブ会長に新任された52名の方々が参加されました。

事務局長より老人クラブ三大運動や老人クラブの歴史、法的な位置づけ、組織の運営・活動方法の説明、佐賀市老連の取り組みや加入状況などが話しされ、参加者のみなさんはメモを取りながら熱心に耳を傾けていました。

新任会長のみなさん

単ク新任会長のみなさん

その後、医師で佐賀県会議員であり、ご自身も赤松校区老連の会員でもある、太田記代子さんによる「少子高齢化社会を生き抜く為の知恵」と題した講話が行われ、佐賀弁でのご自分の体験を交えて「長生きするためにはどうすればよいのでしょうか? 健康寿命を少しでも長くするようにしましょう。『90歳まで生きるぞ!』の気持ちが大切。からだを守る努力をしましょう。」とお話され、みなさん聞き入っていました。

みなさん真剣に聞き入っています

みなさん真剣に聞き入っています

研修も無事終わり、52名の新任会長さんがめでたく誕生、これからのみなさんの活躍が市老連発展には不可欠になってくる事でしょう。

もしもグラウンド・ゴルフしながら交通安全教育ができたら・・・

2010 年 2 月 5 日 金曜日 投稿者:dai2

平成21年11月6日(金)佐賀市民運動広場にて第4回佐賀市高齢者交通安全教育グラウンド・ゴルフ大会が主催佐賀市、主管佐賀市老人クラブ連合会により開催されました。

みなさん交通ルール守ってますか?



横断歩道の正しい渡り方、説明できますか?

路側帯の通行方法は?

日ごろわかっているつもりでも、言われてみると正しいルールがわからない事。正しいと思っていたことが実は間違っていた。

そんな思い込みが交通事故につながってしまう事もあります。

交通ルールを再認識してもらい、高齢者の交通事故防止を図り、楽しみながら、健康増進を。

そんな一粒で二度おいしい人気事業の一つです。

ゴルフ

通常のグラウンド・ゴルフとは違い、交通安全教育を兼ねている為、コースの途中には横断歩道や横断禁止の標識があります。

第1打を打ち終わったら、ボールをマークして横断歩道を正しく渡ります。正しく横断できなければ1打プラスのペナルティ。

せっかくナイスショットが出ても交通ルールを守らなければスコアはガタ落ち。

参加者のみなさんは交通ルールを思い返しながら横断歩道を渡っていました。

交通安全

グラウンド・ゴルフで健康増進を図りながら、交通ルールの再認識もできた楽しく有意義な大会になりました。

青空より晴々(佐賀市)

2009 年 8 月 31 日 月曜日 投稿者:hiro
よーく狙って

よーく狙って

【佐賀市老連ゲートボール大会】(佐賀市老人クラブ連合会)

今回は佐賀市で活躍されている佐賀市老人クラブ連合会のみなさんが、ゲートボール大会を開催しましたので、その模様を紹介します。

爽やかな青空と風に包まれた6月5日(金)、佐賀市民運動広場にて「佐賀市老人クラブ連合会ゲートボール大会」が開催されました。25チームの元気な選手が参加し、みなさんいきいきとプレーしていました。

中には初心者もいて、第1ゲートで苦労していましたが、各チームの主将はさすが、先の展開を読み、試合運びも巧みにチームを引っ張っていました。

激戦の末、栄冠は西与賀チームの手に。しかし、すべての選手がチームワークも抜群で、元気にプレーしていたので大変盛り上がった大会となりました。

この大会を機に、仲間の親睦も深まり、健康維持にも繋がり、参加者のみなさん晴々とした顔でした。