【川崎市 大師地区】「これぞ友愛」な作品展

2019 年 3 月 27 日 水曜日 投稿者:okome

こんにちは、おこめです。

「文化の秋」とはよく言いますが、もうすぐ春のこの頃、芸術の風が春一番とともに大師地区に吹いたようです。

今回は大師地区の作品展をご紹介します。

 

31回目の作品展を開催

 

大師地区で3日間にわたり行われた作品展は、今回で31回目を迎えました。

飾られた作品はまさに色とりどり。所狭しと並べられ、カラフルな色彩が壁から机からこぼれだしそうです。

色鮮やかな作品群

目を見張るような力作があちこちに

威風堂々たる書も展示

作品を持ち帰れるのも嬉しいですね

30回以上続いてきた作品展。この長さは、それだけ地元や会員の皆様に愛されてきた活動だということ。

これだけ数を重ねてこられた秘密はなんでしょう?

 

その理由の一つには、会員の「おもてなし」があげられるかもしれません。

会場には休憩スペースが設けられ、そこで会員がお茶をふるまってくれます。

「1杯だけ……」と腰かけたら、みんなとのおしゃべりが楽しくて何杯も飲んでいたなんてことも。

 

 

また、作品展といえば静かな雰囲気と思いがちですが、大師地区の作品展はとにかくにぎやか。

「これ、すごいでしょ?」と仲間の力作をまるで自分のことのように自慢したり、そうかと思えば「あれ、すごいわね~」と来場者と同じ目線で感想を言い合ったり。最近話題になっている、おしゃべりokな美術館のようなにぎやかさです。

思い思いに語り合う

交流を深める場を設け、楽しい時間を提供する。これぞまさに友愛活動。

老人クラブの意義を再認識した作品展でした。

コメントをどうぞ

*