‘小金井市’ カテゴリーのアーカイブ

【東京都 小悠連】元気をもらえるカラオケ大会

2018 年 6 月 16 日 土曜日 投稿者:seabass

こんにちは、シーバス <・+++><です。

関東も梅雨入りし、あじさいが見ごろな季節となりました。

 

さて、先日、小金井市悠友クラブ連合会のカラオケのつどいの取材に行ってきました!

 

カラオケのつどいは小悠連の中で長く続いている行事であり、

また“つどい”とあるように、大勢の方々に集まってもらいたいという思いから4年前よりデュエット、トリオ、カルテットなど複数人でも出場できるようになりました。

 

皆さんそれぞれの思いを歌にのせて熱唱。会場に歌声を響かせました。

観客の皆さんも1曲、1曲に大きな拍手を送り、大いに楽しんでいるようでした。

また歌だけではなく衣装などにも工夫が盛りだくさん。

セーラー服を着たり、女装をしたり?

どれも個性があり、最後まで見どころ満載でした。

 

絶妙なハーモニーを奏でる

日頃の練習の成果を発揮

セーラー服で若さあふれる

さまざまな工夫で会場を湧かす

リズムに乗って元気いっぱい

 

とある会員さんより、「こういった用事があると元気でいられるの」とのこと。

用事がないとぼーっと過ごしてしまうけれど、用事があると、それまでに洗濯を干さなきゃ、掃除をしなくちゃ等、テキパキと動けて元気になるそうです。

キョウイク(今日、行くところがある)、キョウヨウ(今日、用がある)の大切さを実感しますね(^∀^)

以上、シーバス <・+++><でした。

 

 

【東京都/小金井市悠友クラブ連合会】旗にチューモク!

2016 年 5 月 24 日 火曜日 投稿者:HaTaHaTa

おはようございます!

HaTaHaTaです (°)#))<<

今日も暑いので、皆さん熱中症には要注意!

 

5月20日に行われた小悠連(小金井市悠友クラブ連合会)の総会のご紹介をしたいと思います( ^o^)ノ

DSC06010

開会の辞

DSC06022

内藤会長あいさつ

 

総会資料も役員さんのユニフォームであるベストもピンクでした(^O^)

会場が華やぎますね。

 

DSC06087

会長から特別表彰

毎年、長年お世話になった方たちに表彰をしています。

DSC06196

楽しい余興の時間も♪

 

 

さてさて皆さん小悠連の旗に気がつきましたでしょうか?

アップにすると・・・

DSC06164

素敵な色合いです✿

実はこれニチコミで作成させていただきました!!!

 

「連合会旗新しくしたいなー」と思っているそこのあなた!

ぜひお問合せお待ちしております☆★

 

【東京支社】新年会に参加して

2016 年 1 月 29 日 金曜日 投稿者:t-admin

10月に入社しましたシーバス <・+++><です。

入社して3カ月……ついにブログを書く出番がきました ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

本日初ブログです!

慣れないことも多いと思いますが温かい目で見守ってください!

みなさん、よろしくお願いします!

 

さて1月はいろんな老人クラブの新年会にお招きいただきました。

一部ですが、その様子をご紹介します。

IMG_0014

立川市にて会長のあいさつ

中野区

華やかな中野区の新年会会場

府中市(補正後サンプル)DSC02071

府中市にて来賓のごあいさつ

 

新年会と聞くとお食事だけではなく余興も付きもの。各地でさまざまな催しがありました。

八王子市ではフラダンスを踊ったり、小金井市では歌舞伎や舞踊などクラブごとに発表したり、多摩市ではみんなで青い山脈を歌いました!

 

IMG_0061

黒一点フラダンス!!(八王子市)

IMG_0101

小金井市にて 傘を使って歌舞伎「白波五人男」

多摩市

多摩市みんなで「青い山脈」を合唱

 

美味しいお食事や会員の方々とお話でき、お腹も心も大満足です!

お土産もたくさんもらってウキウキな気分で会社に戻りました♪

来年もまた参加したいですね。取材にお伺いしますのでお誘いください (^_^)

 

最近また寒くなってきましたね。

みなさん風邪などひかぬようお気をつけください ( ^o^)/

 

 

【東京都小金井市/小悠連】運動会もエコ仕様

2014 年 12 月 2 日 火曜日 投稿者:DORA

各地で行われる「運動会」。それぞれに趣向を凝らした種目で、参加者の皆さんも童心にかえって、とても楽しそう。
ところで、日頃地域に根ざした活動をしている老人クラブでは、運動会にも地域性が…?

私、編集5号がやってきたのは、東京都小金井市。
ゴミの分別に力を入れている自治体です。

運動会の準備中

ピンクのベストは小悠連役員の目印!

地元密着で活躍する小悠連の運動会は、ずばり「エコ」。
普通の運動会とはひと味違います。

こちらはその名も「けつ圧測定」。
ごぞんじ、お尻で風船を割る人気の競技です。
これが小悠連の種目となると…

風船割りレース

さあ、首尾よく割れるかな?

割れた!
でも、ここで終わりじゃないんですよ!

割れた風船を拾う

割ったあとは風船を拾って

割れた風船のかけらを拾って…

割れた風船を分別箱の中へ入れます

割れた風船は分別箱の中へ

分別箱に入れたらゴール!

たまった風船のゴミ

こんなにたまりました

楽しんだあとは、ゴミの処理まで忘れずに!

その他、ずばり「リサイクルレース」なる競技も。
プラスチックゴミ(ピンポン球)を菜箸(!)でつまんで
リサイクルボックスへ。

ピンポン球を箸でつまみ上げる

プラスチック(ピンポン球)を箸でつまんで

菜箸で丸いピンポン球を運ぶのは、工夫が要ります。
頭の運動にもなりますね!

ピンポン球をリサイクルボックスへ

落とさないように、リサイクルボックスへ!

 

(さらに…)

【東京都小金井市/小悠連】さくらの下の晴れ舞台

2013 年 4 月 30 日 火曜日 投稿者:DORA

小金井と言えば江戸時代から桜の花見で有名なところ。
なかでも小金井公園は東京でも有数のお花見スポットとあって
毎年行われる「桜まつり」は大勢の来場者で賑わいます。

今年の「桜まつり」は4月5〜7日に開催。
そのうち 初日に行われた、小悠連(小金井市悠友クラブ連合会)レクリエーション部によるステージをご紹介します。

桜まつりの会場

満開は過ぎても、かわいらしい花が。

 

小悠連レクリエーション部では、昨年から「桜まつり」に参加しています。
レク部長いわく「何事もチャレンジが大切だと思って、勇気を出して応募したの」。
老若男女、市内から集まった色々な団体に混じって、センターステージでレクダンスを披露し、老人クラブ活動の楽しさを広めています。

ステージで踊るレクダンス部員

真っ赤なステージに映える華やかなダンス!

桜の大木に囲まれ、真っ赤なステージの上で優雅に踊ります。
「高齢の方も、 この衣装を着ると背筋がシャキッとのびるのよ」
真っ白なブラウスにロマンチックなスカート。乙女心は永遠です!

「皆さんも、ご一緒に踊りませんか?」の声で、観客も飛び入り参加。
大きな輪を作り、部員のリードにあわせ笑顔でクルクルと踊ります。
もちろん、男の人も混ざってダンス!

観客も一緒に踊ります

飛び入りで観客も一緒に踊ります

 

ステージが終わり、楽屋へご挨拶に行ったときのこと…

編集5号が
「満開の桜の下で踊れたら、もっと素敵だったでしょうねぇ」
と言うと
「そう? 私は、花だけでなく、葉の新芽や色々なものが見られるこの時期の方が好きよ」

…なるほど
桜は満開の時期だけが美しいのではありません。
「変化を楽しむ心を忘れずに」
そんなことも教えてもらった、今年の桜まつりでした。

【東京都小金井市/小悠連】スタッフベスト咲きました!

2012 年 7 月 17 日 火曜日 投稿者:DORA

こんにちは。編集5号です。

東京都小金井市で活躍する小悠連では、平成24年度からお揃いのスタッフベストを導入しました。

「他では、なかなか見られないよ」とご自慢のユニフォームの取材をかね、7月5日に小金井市立体育館で行われた輪投げ大会におじゃましてきました。

 

まずは全員で準備運動から。

準備運動

ケガをしないよう、準備運動は欠かせません。

始投式は、会議を抜け出して来てくださった市長さん。

市長さんによる始投式

市長さんによる始投式

試合に先立ち「ピンが9本もあるのに、なぜか間にばかり落ちる。まるで私の人生のようだ」と、絶妙なジョークを交えてのご挨拶がありました。

華麗なフォーム

バレリーナのように華麗なフォーム!

仲間の輪の行方を見守ります。

仲間の輪の行方を見守ります。

ところで、もうすでにお気づきかもしれませんが…

(さらに…)

【東京都小金井市/小悠連】絆をつなぐマーマレード

2012 年 2 月 21 日 火曜日 投稿者:DORA

じゃじゃ〜ん!

ここに取り出しましたるは、できたての新鮮なマーマレード!

マーマレード

 

なになに?
今時マーマレードなんてどこにでも売っているじゃないか?
いえいえ、このマーマレード、そんじょそこらのマーマレードとは違います!

これは、小悠連(小金井市悠友クラブ連合会)の単位クラブ「ぬくい会西」の有志の皆さんが、手間ヒマかけて心を込めて作った手作りのマーマレード。

ご町内の、これまた有志の方からご提供いただいた夏ミカンを使い、小さく刻んで、刻んで…添加物を一切入れずにコトコト、コトコト根気よく煮詰めて…ひとつひとつビンに詰めた心づくしのマーマレード。

合成保存料などの添加物は一切使用していませんので、保存する場合は冷凍で。

見てください、この笑顔!

ぬくい会西・有志の皆さん

小さなビンの中には、この笑顔と真心と愛情がたっぷり!

 

ぬくい会西では、このママレード1ビン(300g)につき500円のカンパをお願いしています。
このカンパは、クラブの友愛活動の資金として使われます。

また、500円のうち200円は、東日本大震災の被災地・大船渡市へ義援金としておくられます。

なぜ大船渡市なのか?
それは、昨年の8月にさかのぼります。
ぬくい会西の鈴木会長は、震災ボランティアとして大船渡市の瓦礫の撤去などの作業に参加しました。

現地の惨状を目の当たりにした会長は、第二次世界大戦後の日本各地の都市の惨状と重なって見えたと言います。

「俺はあの戦争も体験してきた。これ位で負けていられないよ、流された家も工場もまた建てるよ」と語る被災した88歳の鉄工所経営者。

作業中に通りがかった野球少年たちの「暑い中ご苦労さんです」という元気な挨拶。会長は、これからの復興の主役になるであろう彼らに、思わず「頑張って」と挨拶を返したそうです。

地域の友愛のため、そしてさらに震災地の復興のため

小さなママレードは、がんばります!

 

…ちなみにお味の方は、甘さ控えめで果実感たっぷり。手作りならではの美味しさ。
パンに塗ってよし、紅茶に入れてよし、タルトやお菓子に使っても美味しそうです!

【日本コミュニティ】「いそろく」さん?「おうかさんさん」?

2011 年 12 月 16 日 金曜日 投稿者:t-admin

こんにちは。
サッカー大好き、ナデシコです。

メッシは走る、師走はもっと走る…
あっという間に、12月も半ばを過ぎてしまいました。
皆さま多忙な時期とは思いますが、ますますお元気にお過ごしください!

さて今回は、会報(広報・機関)紙の名前の由来について考えてみました。

表題にあります「いそろく」。
はじめに拝見した時、「五十六」と頭の中で変換され、
「山本五十六」と関係があるのかしら?と思っていました。

ところが、「磯子区老人クラブ(いきいきクラブ磯子)」の略ということで。
なるほど…深読みしすぎましたね。

通常は「○○老人(高齢者)クラブ連合会会報」などの
シンプルな名前が多く、わかりやすいなと思っていますが、
中には、凝った名前のところもあります。

たとえば、小金井市。
小金井市悠友クラブ連合会では、以前、広報の新しいネーミングを公募により決定しました!
その名も『桜花燦燦』。

 

写真は既刊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

武蔵小金井駅は、電車の発車音も“♬さくら〜さくら〜♬”というくらい、
市民の憩いの場である、小金井公園は、桜の名所ということです。
採用された方は、充実したクラブ活動をされており、そのような日々の中で、
『桜花燦燦』という言葉がひらめいたそうです。
その方が書かれた随筆の締めくくりに、こう記されています。
「花は爛漫(心)と咲き誇り、幹(体)はしっかりと大地に根を張る桜に、
私達皆が小金井の桜花でありたいものです。」と。
すてきですね〜!

ちなみに、多い名前としては、『ふれあい』。

 

 

 
う〜ん、こちらも納得のネーミングですね。
まだまだありますが、
今回はこの辺で。

 

 

 

 

 

※メッシ…リオネル・メッシ。スペインのFCバルセロナ所属のサッカー選手

 

【東京都/東老連】“情報発信基地”となってほしいです

2011 年 10 月 28 日 金曜日 投稿者:t-admin

こんにちは、ナデシコです。
朝夕めっきり涼しくなってきましたが、みなさま、お元気ですか?

さて、今回初めて“吹奏楽の聖地”として有名な、『普門館』に行ってきました。
普門館では東京都老人クラブ大会が毎年行われているのですが…。

ご存知ない方のために、この会場がなぜ吹奏楽の…なのか、簡単に触れておきますと、
毎年、全日本吹奏楽コンクールの中学・高校の部の全国大会の会場 となっており、
別名「吹奏楽の甲子園」ともいわれています。

そんな中高生あこがれの地で老人クラブ大会は行われています。

今年の「第25回  東京都老人クラブ大会」は10月25日に行われました。
第一部は、“いきいきと踊る!”と題し、9月14日に行われた「第48回東京都老人クラブ芸能大会」の
上位入賞チームによる演舞。
さらに、“心に響く津軽三味線の調べ”、踊 正太郎と小山会社中による演奏と続き、
芸術の秋の式典にふさわしい演目となりました。

 

 

いよいよ、第二部の式典です。

これまで多大な功績のあった各老人クラブへの表彰が行われました。
大会宣言の中で、このたびの東日本大震災のことに触れており、
「この震災において、人や地域の絆の大切さが再認識され、会員の加入促進の課題に一丸となって取り組むとともに、
これからもより一層、自助・共助の精神を発揮…(中略)」
そういえば今回の震災で、三陸でかつて起きた大津波の記憶が残っている高齢者の知恵が、
避難の助けとなったニュースがあったなと、思い起こしました。

最近は、インターネットで何でも情報が分かる気になっている私ですが、
高齢者のみなさんが知っている様々な情報(住んでいる土地のことなど)を
どんどん発信していってほしい!、老人クラブが情報発信基地となってほしい!と、
改めて思いました。

そうは言っても個人ではなかなか難しいと思うので、まずは老人クラブに加入し、様々な活動を通じて、
私たち若輩者を導いていってほしい、そう願っています。

 

 

 

 

 

【東京都/東老連】グラウンド・ゴルフはムツカシイ…

2011 年 10 月 21 日 金曜日 投稿者:t-admin

みなさん、こんにちは。
編集3号・なおたんです。

ニチコミ編集者は老連の各種行事に出掛けて行って、写真を撮りに行っているわけですが…。

数をこなせば写真も巧くなる!と思いたいところですが、なかなか簡単ではないのが現実です。

なおたんが苦手なのは、グラウンド・ゴルフです。

シャッターチャンスが分からない…(遠い目)。

いつも今度こそは!と思いながら、打った瞬間の写真やホールポストを狙っているところといった無難な写真しか撮れません。

無難な写真は撮るまいと思うのですが…(写真は小金井市代表)

なんか、こう。
ホールインワンで破顔一笑!みたいな写真を撮りたいのですが、ついボールの行方を追って、ボールが入ったら一緒になって喜んでしまうという…。

自分で「何しに来たんだ」と ツッコミを入れています。

そんなわけで。

東京都老人クラブ連合会(東老連)が10月14日、渋谷区スポーツセンターでグラウンド・ゴルフ大会を開催しました。

都内の老連から53チームの精鋭たちが出場し、約370人が汗を流しました。

(さらに…)