‘沖縄県’ カテゴリーのアーカイブ

【沖縄県 沖縄県老連】地域性豊かな芸の数々

2017 年 12 月 18 日 月曜日 投稿者:aya

こんにちは、ayaです!

今回は、沖縄県老人クラブ連合会で毎年開催している「沖縄県老人芸能大会」の模様をご紹介いたします (・∀・)

この大会は、各地区老連の代表が集い、特色ある芸能などを披露するもので、普段あまり行事に参加することができない離島の老人クラブの皆さんも参加されます!

 

沖縄県老人クラブ連合会は、北部、中部、那覇、南部、宮古、八重山の6つの地区老連に分かれており、当日は地域性豊かな芸が披露されました。

会場に着くと、出演順にリハーサルの真っ最中。クラブによっては26名が出演されるところもあるので、立ち位置などのチェックに余念がありません☆

私が「緊張されていますか?」と尋ねると、会員の皆さんは「緊張よりも楽しみ!」と元気よく返してくれました。

 

そして、いよいよ演技開始。

 

【北部地区】豊かに実った稲の刈り取りを祝う踊り

 

【中部地区】シルクハットがお似合いです!

 

【那覇地区】沖縄の美しい花のように踊ります

 

【南部地区】平笠を使い、島娘の美しい清楚な姿を表現

 

【宮古地区】色鮮やかな衣裳にも注目

 

【八重山地区】2人の方言での掛け合いが魅力的

 

この他にも、素晴らしい踊りが次々に披露され、会場からは大きな拍手が送られました。

離島の老人クラブの皆さんも含め、地区を越えて交流を深めることができる芸能大会。皆さんの元気な姿をはじめ、音楽、方言、衣裳、踊りと他地区の演芸大会とはちょっと違う雰囲気で、見どころ満載でした!

 

沖縄県老連の皆さん、これからも歌や踊りを楽しみながら、生きがいを持って毎日元気にお過ごしください。

【沖縄県老連・宮若市老連】リニューアルし、ますます充実を!

2017 年 9 月 25 日 月曜日 投稿者:aya

こんにちはayaです。

今回は九州エリアでニチコミが発行する地区が新たに増えましたのでご紹介いたします!

そのエリアは…

沖縄県老人クラブ連合会宮若市老人クラブ連合会 です。

 

【公益財団法人 沖縄県老人クラブ連合会】

タイトル部分の色は2月と9月で 交互に変えていきます

 

現在、沖縄県では「沖縄市」「浦添市」「那覇地区」の3地区の発行のお手伝いをさせていただいていますが、このたび沖縄県内の老人クラブの皆さんが在籍している「公益財団法人 沖縄県老人クラブ連合会」の広報紙も発行させていただくことになりました!

広報紙のサイズも以前より大きくなり、より読みやすく、充実した内容になっています。生活習慣病を予防し、元気で長寿を目指すため沖縄県国保連合会が推奨している「ちゃーがんじゅう体操」。老人クラブでも普及活動を行っており、その指導員の養成講習会の様子も今号には掲載しました。

(ちゃーがんじゅう=いつも元気 の意味)

 

 

【宮若市老人クラブ連合会】

宮若市老人クラブ連合会では、過去にA4サイズ4ページや8ページと、様々な仕様で広報紙を作成されていましたが、このたび「長寿宮若」としてページ数も12ページに増やしリニューアルしました。

 

 

タイトルは過去の広報紙のタイトル「宮若」と「長寿」を合わせて

「長寿宮若」に決定!題字も山口会長より書いていただき、ぐっとタイトルが引き締まりました☆彡

連載コーナーも今後どんどん増やしていく予定です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

現在、全国182地区発行しているニチコミの広報紙ですが、これからも様々なエリアで広報紙が発行できるよう頑張っていきます(・∀・)

ブログでも紹介していきますのでお楽しみに!

【沖縄県 那覇地区老連】地域に密着した老人クラブへ

2016 年 7 月 25 日 月曜日 投稿者:aya

こんにちはayaです。

皆さんコチラがどこか分かりますか?そうです沖縄県の首里城です!

ブログ

 

先日、那覇地区老人クラブ連合会で「老人クラブ大会」と「芸能発表会」が

盛大に開催されました。今回はその様子をご紹介します★

まずは、多数の来賓の方々もご臨席の中、式典が行われ、多年にわたり

老人クラブの発展に貢献された方々へ表彰状、感謝状が31名、1団体に

贈られました。昨年に比べ人数が大幅に増え、記念撮影の時にはステージに

収まらないほどでした

ぶろぐ10

 

ぶろぐ6

今回表彰された皆さん

 

積極的な活動で老人クラブを支えてくださる会員の方が多いということは

今後の那覇地区老連の発展にもますます期待が高まりますね!

 

午後からはアトラクションとして各クラブの芸能発表会が

行われました。今年も沖縄で、お祝いの時などに踊られる

祝儀舞踊「かぎやで風」で幕開けです。

ぶろぐ5

 

その後も踊りを中心に20組による演技が披露されました。

中でも沖縄の伝統工芸である紅型(びんがた)の衣装は

力強い色彩と美しい文様が特徴的でとても素敵でした!

ぶろぐ2

 

ぶろぐ4

ブログ1

今年度より上原会長が就任され、新体制となった那覇地区老連では、

「がんじゅうかカード」などの老人クラブ会員特典サービスを展開しながら

「親睦の場、健康づくりの場、楽しく生きがいづくりできる場」の老人クラブ

へたくさんの方に入ってほしいと願い、日々活発に活動されています。

地域に密着した老人クラブの活動に今後も注目し、ブログでも紹介して

いきます。お楽しみに!

ぶろぐらすと

那覇地区老連の皆さんお疲れ様でした

 

 

【沖縄県 那覇地区老連】ちゃーがんじゅう?

2014 年 10 月 27 日 月曜日 投稿者:aya

みなさんこんにちはayaです。

10月はスポーツの秋・芸術の秋ですね。

老人クラブでも体育大会や、グラウンド・ゴルフ大会、文化祭など

取材でお伺いする機会が増えます。

 

先日は、沖縄県の那覇地区老人クラブ連合会で開催された

芸能発表会にお邪魔しました。

個人的にも初の沖縄県に行けるチャンス!

いつもに増して気合いが入ります ヽ(・∀・)ノ

 

特に印象に残った発表の様子をご紹介します!

1四ツ竹4

鮮やかな衣装がきれいでした

 

_DSC0118

男性だけの舞踊もいいですね

 

_DSC0172

ばっちりポーズもきまってます

 

_DSC0358

元気いっぱいの演技に拍手喝采

 

見事な演技もさることながら、私が印象的だったのが、

沖縄の方言「うちなーぐち」です。

独特の言葉やイントネーションに沖縄独自の文化を感じました。

 

また那覇地区老人クラブ連合会といえば、全国的にも

珍しい活動を行っています。

その名も「がんじゅうカード」

(がんじゅう:健康や丈夫なことを意味します)

 

このカードを使えば、老人クラブ会員の方は、

「商品10%引き」「食事注文でアイスコーヒー1杯サービス」など

お得な割引やサービスを受けられるんです!

がんじゅうカード (鮮明)

がんじゅうカード

 

がんじゅうカード協力店もどんどん増えています。

がんじゅうステッカー.ol

協力店にはステッカーが配られます

 

実際に「がんじゅうカード」が欲しくて

老人クラブに入会する方も増えているとのことです。

これからも「がんじゅうカード」の活動に注目していきたいと思います!

 

 

【沖縄県 浦添市老連】沖縄県3カ所目は…

2013 年 11 月 16 日 土曜日 投稿者:take

こんにちは、TAKEです!

あっと言う間に11月も中旬。早いですねー。

博多の街はいまイルミネーションの光がとてもきれいで、

早くもクリスマス一色になっています★

 

さて今回は、「沖縄市」「那覇地区」につぎ沖縄県で3カ所目となる

浦添市老人クラブの広報紙を発行することになりましたのでご紹介します!

 

その名も「浦老連(うらろうれん)」

 

浦添市54号.indd

「浦老連」は全12ページ横書きの広報紙です

 

この「浦老連」はA4サイズの広報紙で、全ページ横書きとなっています。

もちろん表紙・裏表紙ともにカラーで、写真をたくさん使ったにぎやかな

紙面となりました。浦添市老連のみなさんからも

「カラーだと写真がきれいで、とても読みやすい!」

という嬉しい声をいただいています。

 

ちょっとここで、浦添市についてご紹介!

浦添市は東シナ海に面しており、南に県都・那覇市、北に宜野湾市、

東に西原町と挟まれた地理的条件から商業都市として発展してきました。

人口は平成23年現在、約11万2千人おり、全国でも高い出生率を誇ります。

野球が好きな方は、ヤクルトのキャンプ地で浦添市をご存知かも

しれませんね。

ぶろぐ地図

また浦添市といえば「てだこまつり」ははずせません!

これは、沖縄県内でも有数の大規模な浦添市を代表するまつりで、

毎年、市の人口を上回る15万人以上の人々が訪れます。

ちなみに、まつりの名前でもある「てだこ」とは、沖縄の方言で

太陽を意味する「てだ」と、その太陽の子どもを意味する

「こ」がくっついた言葉だそうです。

浦添市老人クラブのみなさんも、おまつりに参加し、カラオケ大会や

80歳以上輪投げ大会で大活躍しています!

 

浦添市54号.indd

広報紙でも「てだこまつり」の様子をご紹介しています

 

これからも、添市老人クラブの魅力&会員のみなさんの元気な姿を

広報紙やブログでお知らせしていきます。

どうぞお楽しみに!

【那覇地区老連・沖縄市老連】南国沖縄からお届け

2013 年 10 月 4 日 金曜日 投稿者:take

みなさん、こんにちはtakeです。

最近、朝晩の気温差が激しくなりました。

みなさん体調管理には気をつけてくださいね。

私は、いつもモリモリ食べて元気いっぱいです(^_^)

今回は、南国の沖縄で元気に活動している

那覇地区老人クラブ連合会と沖縄市老人クラブ連合会を

ご紹介したいと思います。

沖縄市老連の『かりゆし』左 那覇地区老連の『老人クラブだより』

沖縄市老連の『かりゆし』左
那覇地区老連の『老人クラブだより』右

昨年創立50周年を迎えた那覇地区老人クラブ連合会は

小禄支部、真和志支部、首里支部、本庁支部の

4つの支部で構成され、各支部に、いろいろな事業や囲碁、卓球など

多彩なサークル活動を行っています。

また、グラウンド・ゴルフやボウリング大会、男性の料理教室など

健康と仲間づくりにも励んでいます。

 

男性の料理教室(首里支部) 料理も楽しく取り組みます

男性の料理教室(首里支部)
料理も楽しく取り組みます

交通安全ゲートボール大会 交通もゲームも思いやり

交通安全ゲートボール大会
交通もゲームも思いやり

スカッと爽快!ストライク

スカッと爽快!ストライク

 

沖縄市老人クラブ連合会でも琉舞講座や折紙講座などの

サークル活動にも力を入れています。

毎年老人クラブ大会では、日頃の練習の成果を発揮する

「サークル発表会」が行なわれています。

舞台での発表は身も心も若返りますね

今大会でも11のサークルが発表しました

最後に広報紙で連載している沖縄の方言で書かれた

『うちなぁコラム』をご紹介いたします。

意味:若い時の難儀(苦労)は、買ってでもしなさい

意味:若い時の難儀(苦労)は、買ってでもしなさい

意味:その道の達人にも失敗はある

意味:その道の達人にも失敗はある

意味:体を貯めておく(健康を保つ)ことは、お金を貯めておくのと同じである

意味:体を貯めておく(健康を保つ)ことは、
お金を貯めておくのと同じである

どうですか?みなさん分かりましたか?

これからも、うちなぁコラムなど、沖縄ならではの

楽しい活動の様子をご紹介していきます。お楽しみに。

【那覇地区老人クラブ連合会】「那覇地区老人クラブだより」発行!

2013 年 4 月 26 日 金曜日 投稿者:mori

こんにちは☆moriです(o゚∀゚o)

明日からゴールデンウィークが始まりますが、

みなさんご予定はお決まりですか?

さてこの度、沖縄県那覇地区老人クラブ連合会の広報紙

「那覇地区老人クラブだより」の発行のお手伝いを

ニチコミでさせていただくことになりました!ヾ(*≧∀≦*)ノ

那覇地区老人クラブ連合会は昨年、結成50周年の節目の年を迎え、

記念事業が行われましたので、その様子をご紹介します!

記念事業のひとつである

「創立50周年記念 第50回那覇地区老人クラブ大会」が

7月25日(水)、那覇市民会館にて盛大に執り行われました。

古蔵小学校音楽部のみなさんの合唱ではじまります

照屋大会会長によるあいさつ

第1部の式典では各支部老人クラブで活躍された

2団体、1企業、26名の方が表彰されました。

表彰される93歳の山城さん

つづいて総勢97名の方が出演した

迫力のある演奏とかぎや踊りで

第2部のアトラクションが幕を開けました。

 

迫力ある第2部の幕開け

その後は本庁支部、首里支部、真和志支部、小禄支部の

各支部代表がそれぞれ演目を発表し、

大会記念公演として「花わらび&島うた少女テン」のみなさんの

かわいらしい歌と踊りで大会は大いに盛り上がりました。

ふたつめは「50周年記念誌」の発行です。

かなり立派な記念誌です

この記念誌は今日までの那覇地区老人クラブ連合会の足跡を辿り、

また歴史として後世に引き継ぐため、

会員の皆さんが主体となって発行されました。

表紙の大きな写真が特徴です☆

今後も那覇地区老人クラブ連合会の活動を

どんどんご紹介していきますので、お楽しみに!(*´ω`)/

【沖縄市老人クラブ連合会】ハイサイ沖縄

2012 年 9 月 29 日 土曜日 投稿者:take

みなさん、こんにちは。

朝晩ずいぶんと冷え込むようになりましたが、

みなさん体調を崩していませんか?

今回は少し風邪気味(^o^;なtakeがお届けします。

8月29日(水)その日私は沖縄にいました…

なぜなら、今回より発行することになった

沖縄市老連の老人クラブ大会があったからです!

シーサーがお出迎え(^O^)

会場の沖縄市民会館では、この日を心待ちにしていた

会員のみなさんが続々と入場。

毎年多くの方が来場されます

式典では、市老連発展のために貢献された方々へ

表彰状・感謝状が贈呈されました。

中でも目を引いたのは満90歳以上で感謝状を

受賞された方がなんと48名もおり

みなさんお元気でとても90歳とは思えませんでした。

来場したみなさんで『老人クラブの歌』を斉唱

表彰状・感謝状贈呈

続いて10のサークルが日頃の練習の成果を披露する

アトラクション(サークル発表会)が行われ会場を沸かせました。

民舞サークルの「歩ちゃびらな」

琉舞講座の「秋の踊り」

古典音楽、琉舞、レクダンスに島唄踊りと

様々なサークルによる演技に会場からは

惜しみない拍手が送られました。

この沖縄市老人クラブ大会の模様は

会報誌『かりゆし』第37号にも掲載しています。

「かりゆし」にはその他にも、沖縄市老連の活動から

『しまくとぅばコラム』などバラエティー豊かな内容になっています。

日本コミュニティで広報紙発行のお手伝いをさせていただいてる地域は

北は北海道から南は沖縄までと続々と増えています。

今後も各地で元気に活動されている老人クラブの様子を

ご紹介していきます。お楽しみに\(^o^)/