‘港北区’ カテゴリーのアーカイブ

【横浜市 港北区老連】華やかなシルバー芸能大会

2017 年 11 月 27 日 月曜日 投稿者:seabass

こんにちは、シーバス <・+++><です。

 

早いもので11月も残りわずか…。

今年のことは今年のうちに。やり残したことがないよう残り1カ月を過ごしましょう(・∀・)b

 

さて、今回は港北区老人クラブ連合会で行われたシルバー芸能大会をご紹介。

 

34組が出場したシルバー芸能大会。

トップバッターは詩吟です。

この方は20年以上詩吟をやっているそう。

その姿は堂々たるもので、会場に力強い声を響かせました!

堂々たる歌声を披露

次々と歌や踊りなどさまざまな演目が披露され、

そして今回の目玉である足踊り「よされ節」

コミカルな踊りで、会場は笑いと大きな拍手で包まれました(^^)

練習の成果を発揮し会場を沸かす

コミカルな踊りで笑いを誘う

またシルバー芸能大会のステージにはお花が飾られていて舞台をより華やかにしています♪

このお花たちはお楽しみ抽選会で当選された方に配られるそうです(^∀^)

ステージのお花が演目を華やかに彩る

以上、シーバス <・+++><でした。

寒い日が続きますので皆さん風邪等をひかぬようお気をつけてください。

【横浜市/港北区老連】かわいいものを探しに

2015 年 3 月 17 日 火曜日 投稿者:DORA

道を歩いていると、ふと漂ってくる沈丁花の香りに春を感じます。
だいぶ春めいてきましたが、皆様いかがお過ごしですか?

ところで、唐突ですが「かわいいもの」は好きですか?
私は大好きです!
特に、手作りのかわいい小物が大好き!
見れば「ほっこり」。作った人の愛を感じます!

そんな「かわいい」物を探して、やってきたのは港北公会堂。
港北区老連の「ことぶき趣味の作品展」を開催中です。

平日なのに、会場には人がいっぱい

第一会場。平日だというのに、人がいっぱい!

手芸作品コーナーは、こんなに充実

手芸作品コーナーは、こんなに充実

区内の老人クラブの会員の作品が、絵画、写真、手工芸、俳句、書、あわせて200作品以上!
壮観です!

絵画や写真などもたくさんありましたが、かわいいもの大好きの私が独断で選んだ、かわいい作品の数々をご覧ください。

ハンサムな双子の犬

ハンサムな双子のクマ

ユーモラスな羊の一家

ユーモラスな羊の一家

元気に飛び跳ねる子猫たち

元気に飛び跳ねる子猫たち

猫の一家の春夏秋冬

猫の一家の春夏秋冬

縮緬のコサージュが詰まった宝箱

縮緬のコサージュが詰まった宝箱

ふわっふわのマフラー

ふわっふわのマフラー

とても繊細で、フリルのよう

とても繊細で、フリルのようです

乙女チックな花瓶敷き

乙女チックなレースの花瓶敷き

古布で作った七五三の祝い着

古布で作った七五三の祝い着

羊もかわいいけれど、手前の椿のリースの美しいこと!

羊もかわいいけれど、手前の椿のリースの美しいこと!

もう見ているだけで幸せいっぱい! 嬉しくなってしまいます!

 

さて、続いて隣の第二会場へ場所を移しましょう。

第二会場は書、生け花、俳句と厳かな作品を展示

書、生け花、俳句と、厳かな作品を展示

こちらは、書や生け花、俳句などのアカデミックな作品を展示。

第一会場のにぎやかさとは一転して、静かで落ち着いた雰囲気です。

 

能で使う鬼の面、恐いけれどどこかユーモラス

狂言で使う鬼の面、恐いけれどどこかユーモラス

これは、本物の面打師の作品では???
とても老人クラブの方の作品とは思えません。素晴らしい!

 

私、正直に申しまして、書の見所は全くわかりません。不調法きわまりない輩です。
でも、この作品には心動かされました。

「無一物中無尽蔵」「何も持っていないけれど、心は豊かである」という意味だそうです

「無一物中無尽蔵」

「何も持っていないければ、心は豊かである」という意味だそうです。
ああ、いいですねぇ。
物欲・我欲を離れれば、豊かな心でいられる。理想の境地ですね。
会場の他の観覧者の方も「私の好きな言葉だわ」と言っていました。

かわいいものを探しに行って、人生の深みを見つけてしまいました。
ああ、老人クラブっていいなぁ。
この多様性、懐の深さこそが老人クラブの醍醐味です。

あなたも、お近くの老人クラブの作品展にでかけてみませんか?

 

 

【横浜/港北区】リアルすぎる○○…!?

2014 年 3 月 26 日 水曜日 投稿者:t-admin

こんにちは!編集7号ことマッツです(^▽^)☆都内では桜が開花しました。春がやってきましたね〜!

先日港北区老連の会長に「今、区老連の作品展が熱いぞ!」とお電話をいただき、さっそく港北公会堂に取材に行ってきました!

「お!来たな!」とトレードマークの黄色いジャンパーを着た会長を発見!
会場には所狭しと並べられた作品の数々が展示されていました。

しゃべり出しそうな犬

しゃべり出しそうな犬

IMG_2280

つぶらな瞳の馬

IMG_2317

リアルな狸

港北区ではこうした機会に地域の人たちに区老連の活動に興味を持っていただき、少しでも会員が増えるよう、会員増強運動にも力を入れているそうです。
「こんなの作れないわ〜」「すごいわね〜!」と会場から感嘆の声があがります。

IMG_2361

す、すごいわね…

IMG_2308

迫力の能面!

みなぎるパワーと表情豊かな作品を見てもおわかりのように、港北区老連はとても活気があり、取材におじゃました私も元気をいただきました(^_^)
子供の頃は学校から帰るとよく工作をしたり、絵を描いたり、「創る」ことが楽しくて仕方なかったな…と自身のことを思い出しました。今、こうして会報誌作りの仕事に携わっていられるのは、本当に幸せなことだなと思います。

リアルすぎる雀

リアルすぎる雀

IMG_2274

日常で使えそうです

まだ、老人クラブの活動をよく知らない皆さんも、お近くの地域の老人クラブの活動を一度のぞいてみてください(^▽^)
きっと驚くような活動をされていますよ☆

 

 

 

【横浜市/横浜市老連】命をかけた男のロマン?

2012 年 6 月 8 日 金曜日 投稿者:DORA

みなさんこんにちは。
将棋と言えば村田英雄のヒット曲「王将」を思い出す編集5号です。
吹けば飛ぶような小さな駒に、命を懸けた男のロマン?

その他にも「持ち駒」「成金」「高飛車」などなど、将棋用語から派生した言葉がたくさんありますね。
日本人がどれだけ将棋が好きなのか推察されます。

そうそう、戦国武将・伊達成美の陣羽織の背中には、大きな「香車」が縫いつけてあったそうです。
「決して後には引かぬ!」不退転の決意表明、カッコイイですね~。

 

脱線しました。すみません。
先週の囲碁大会に引き続き、5月30日に「うらしま荘」で行われた横浜市老人クラブ連合会の将棋大会の様子をお伝えします。
横浜市内18の区から代表51人が集まりました。

4回戦を終わった時点で、4戦全勝の方がA・B・Cクラスあわせて4人!
3勝1敗の方も合わせると14人をマークしなければと、
カメラを抱えた編集5号、あっちをウロウロ、こっちをウロウロ…。

 

「うわー、◎●△★※ー!」

まいったー!

あっと驚く急展開? 勝負はわかりませんね。

(さらに…)

【横浜市/横浜市老連】勝つ時もあれば、負ける時もある

2012 年 6 月 1 日 金曜日 投稿者:t-admin

みなさん、こんにちは。
編集3号・なおたんです。

どうにもこうにも、勝負事が苦手です。

平和主義者というわけではなく、「勝った」と誇らし気な気持ちになる反面、「負けた」とガッカリする気持ちを自分の中で持て余してしまい、こんな気持ちになるのなら、勝負なんてしないわ。

と、新潟競馬場に毎週のように遊びに行く兄たちを見ながら思っていました(笑)。
※おこづかいの範囲で遊んでいますよ!(兄たちの名誉のために)

でも最近、勝利の優越感と敗北の劣等感をバランス良く持っている方が人間らしいのではないか、と思っています。
囲碁や将棋なんて、そのバランス感覚を身につけるのに最適なんじゃないかしら????なんて思うのです。

そんなわけで、本日の話題は横浜市老人クラブ連合会が5月23日にうらしま荘で開催した囲碁大会のお話。横浜市内18区から49人の代表が参加しました。

負けても次の勝利のために反省するのです

囲碁は陣地取り合戦です。
相手の動きを先読みしながら、陣地を増やしていきます。

幾通りの作戦があるので、盤面をにらむ参加者多数。

(さらに…)

【横浜市/横浜市老連】1点の攻防

2012 年 5 月 18 日 金曜日 投稿者:t-admin

みなさん、こんにちは。
編集3号・なおたんです。

ペタンクはビュット(目標球)に自分のチームの球をどれだけ近付けられるかを競うゲームです。

ああ、負ける!と思っても、相手の球やビュット自体を自分の球で弾いて形勢逆転も狙えます。

が、失敗すればその球が無駄になってしまうので、その戦法には注意が必要です。

その戦法を使わないで平和にゲームを進めることも可能ですが、狙い通りに相手ボールやビュットを弾く選手を見ると「かっこいい〜!」なんて、思ってしまいます。

そんなわけで、本日の話題は5月17日に行われた横浜市老人クラブ連合会のペタンク大会です。

戸塚区・矢沢Aチーム

(さらに…)

【横浜市/横浜市老連】女性が大活躍!

2012 年 5 月 1 日 火曜日 投稿者:t-admin

みなさん、こんにちは。
編集3号・なおたんです。

横浜市老人クラブ連合会が4月26日、県立保土ヶ谷公園でグラウンド・ゴルフ大会を開催しました。

この日は残念ながら、雨!
そうです、3号は雨女なのです…。

開会式が終わり、ゲームが進んでいくと雨脚が弱まってきました。なんとか予定通り3ゲーム出来そうです。

 

ホールポストを狙う

(さらに…)

【横浜市老連】チームメイトに恵まれました

2012 年 4 月 17 日 火曜日 投稿者:t-admin

みなさん、こんにちは。
編集3号・なおたんです。

横浜市老人クラブ連合会は4月5日、保土ケ谷運動公園でゲートボール大会を開催しました。市内18区から代表2チームずつが参加して、熱戦を繰り広げます。

自分のチームのボールを相手チームより先にゲートに通していくゲームです。

正確なスティックさばきと、試合の状況を把握する頭脳が必要です。

ゲートボールは司令塔が大切です。

多くの試合で「ここを狙って」と指をさす主将の姿が見られました。

ドンピシャリと狙いが決まればよいのですが、なかなか簡単ではないのです。

この狙いを正確に決められるチームが勝ち上がっていきます。

ここを狙って!

(さらに…)

【横浜市/横浜市老連】3号がニヤニヤする日

2011 年 12 月 6 日 火曜日 投稿者:t-admin

みなさん、こんにちは。
編集3号・なおたんです。

 

とうとう師走ですね。
師走とは昔は年末年始もお盆のように先祖供養をしていたことから、お坊さんがお経を上げるために家々を走り回っていたことが語源だと思っていたのですが、調べてみると「師匠(先生)が走る」「漁師が走る」という意味もあり、12月は1年が終わる月なので「としはつるつき(年果てる月)」がなまったという説もあるそうです。

 

 

12月はとにかくだれでも忙しい、ということですね、はい。

 

それでは、本題に移りましょう(笑)。

 

横浜市老人クラブ連合会恒例のカラオケ大会が12月2日、神奈川公会堂で開催されました。

 

横浜市の18区の老連から2人ずつ代表が集まり、自慢ののどを披露するわけですが、3号はこの行事がとても好きです。

 

それは「応援団賞」というものがあるから。

 

出場者の仲間たちがステージの上で趣向を凝らした応援を競い合います。

 

それが面白いというのも理由ですが、

 

自分たちの仲間が区の代表になった!
これはぜひ、応援しなければならないだろう!
じゃあ、なにやる!?

 

と、60代、70代、80代のみなさんがいたずらっこのように作戦会議を立てている様子を想像すると、ニヤニヤして…基、心が温かくなる思いがするのです。

 

そんなわけで。
本日は優勝と応援団賞をかっさらった都筑区代表のみなさんをご紹介します。

都筑区のみなさん。何歳になっても仲間がいるっていいことですね。

(さらに…)

【横浜市老連】地域のために

2011 年 11 月 1 日 火曜日 投稿者:t-admin

みなさん、こんにちは。
編集3号・なおたんです。

突然ですが、横浜市あるあるを披露します。

横浜市ではことあるごとに「横浜市歌」を歌います。

だから、大抵の横浜市民は市歌が歌えます。

みなさんはお住まいの地域や出身の市歌は歌えますか?

なおたんは新潟出身ですが、かろうじて出だしの「砂浜で小さな小さなグミの木が…」だけは歌えますが、いま調べたら、これは市歌ではなくてこれは「市民歌」でした。あれれ?

なぜ、この話を始めたかと言いますと、横浜市老人クラブ大会でも斉唱が行われるからです。

先日出席した、港北区老人クラブ連合会の50周年記念式典でもみなさんで歌っていました。

新潟市歌より先に横浜市歌を覚えてしまいそうです(笑)。

さて。今年の横浜市老人クラブ大会は10月25日に行われました。

今年は30回の記念大会です

(さらに…)